メンバー

MEMBER

今日より明日を、
少しでも面白くしていきたい。

YOSHIHIKO KOJIMA
児島 賢彦
サービスデザイン
2006 年中途入社
プロダクトイノベーション推進1部 商品企画グループ 兼 ブライダルソリューション推進1部 ソリューションデザイングループ 兼 アドバンスドプロダクト開発部 プロダクトプロデュースグループ
リクルートコミュニケーションズへの入社理由
リクルートの裁量が大きい社風や、社会提供価値について入社前からずっと興味がありました。そして、カスタマー接点であるアウトプット(制作物など)に関与できるのはリクルートコミュニケーションズ(以下、RCO)ならではだと思い入社へ至りました。
現在の業務内容
ブライダル領域において、主にWEBの分野で業務設計や機能開発、マーケティングなどを幅広く担当しています。たとえば、現場の制作ディレクターの負担を軽減できるようなWEBシステムの提案・導入をするようなこともあります。そうした現場に新しい仕組みを導入するときの「意思決定」も、仕事の中で大きなウェイトを占めています。つくりたいもの・つくるべきものに対して、どのような人員構成が最適なのかを考え、メンバーを決定したり、サービス導入を検討するならば、それはどのくらい効果をもたらせるものだろうか……というロジック立てをすることなどもあります。
印象に残っている仕事・エピソード
入社間もない頃の地方版「ゼクシィ」でのディレクター経験です。都心版と比較すると、情報を目にするカスタマーの絶対数が少ない中で、出稿いただくお客様は「ゼクシィ」の一つの枠に対してどれだけの想いと期待を掛けていただいているか、身をもって知ることができました。また、媒体の営業担当とは近い距離で仕事ができたので、営業担当の偉大さ、その存在や役割がクライアントに対して絶対的な安心感になっていることも実感できました。現場で得たリアルな体験は、今の仕事のあらゆるところに活きていると思います。
今後実現したいこと
シンプルに、今日より明日を、少しでも面白くする。それを死ぬまで続けていきたいと思っています。学生時代から、人がアクションを起こすメカニズムに興味がありました。もしかしたら、一生かけて答えを追求しても、正解は出せないかもしれない。だからこそ、とことん追求していきたいですね。プランニングやキャスティング、スケジュールやコストマネージ、クリエイティブを磨くこと。ディレクター時代も含めたこうした経験の積み重ねが革新的なアイデアを生み出すことにつながったときは、達成感もひとしおです。
この会社の魅力/この仕事でよかったと思う瞬間
RCOは良い意味で本当に自由な社風です。会社として、社員にいつも期待をかけてくれるし、その期待に応える機会も与えてくれる。これは本当に貴重な環境であり、RCOの魅力だと思います。


※インタビューは2018年6月時点の情報、所属・役職は2019年4月時点の情報に基づく

児島 賢彦
サービスデザイン
2006 年中途入社
プロダクトイノベーション推進1部 商品企画グループ 兼 ブライダルソリューション推進1部 ソリューションデザイングループ 兼 アドバンスドプロダクト開発部 プロダクトプロデュースグループ
私の1日
10:00
打合せの準備。打合せがうまくいくかは事前準備にかかってます。
13:00
定例MTG。チームで動く場合は、認識を摺合せながら動くことが重要です。
16:00
ブレスト。未知のものに挑む際は、一人で考え込まずだれかを巻き込むことが大切。
18:00
デザインイメージの作成・チェック。制作ディレクターが多く在籍するRCO。納品物まで含めてソリューションです。
20:00
帰宅。社内も良いですが、社外の方との意見交換の時間に。