メンバー

MEMBER

一緒に働くヒトの心を動かし、
「変わり続けるための力」をつくっていきたい。

SHOTA KANNO
菅野 翔太
マネジャー
2015 年中途入社
プロダクトイノベーション推進1部 商品企画グループ
リクルートコミュニケーションズへの入社理由
前職は、ソフトウェアメーカーのITコンサルタント。クライアントへのCRMソリューションの支援を手掛けたことをきっかけに、カスタマーの心の動きに想像をめぐらせ、コミュニケーションを改善するプロセスに興味を持つようになり、それ以来、CRM案件を中心に担当していました。
やりがいは感じていたのですが、ソフトウェアメーカーは、どうしてもシステムの導入がゴールとなり、仕事の成果がクライアントに役立っているか見届けられないことにもどかしさを感じるように。システムの導入だけでなく、効果の創出まで関わりたい。その希望を満たす環境として紹介されたのがリクルートコミュニケーションズ(以下、RCO)でした。
入社の決め手となったのは、面接官の人柄です。そのビジョンと熱量に、この人と一緒に働きたいと心打たれました。入社後、その人が私の上司となりました。
現在の業務内容
リクルートグループの変化を支えるために、RCOは事業ドメインを広げてきました。市場に合わせて、形を変え続けてきた会社だとも言えるでしょう。その変化は、今後も止まることはありません。市場の変化とRCOの現状のギャップをどう埋めていくか。各部門が、そしてRCOで働く一人ひとりが、その力を効率よく発揮するにはどうすべきか。
その課題をクリアするため、人事が検討した指標や施策を、構造化・仕組み化し、定着を推進する。それが、既存のどの部門にも属さない新しい横断組織である現部門・グループの役割です。この会社が、そしてリクルートが今後あるべき姿へと、変わり続けるための力をつくる。それが私のミッションだと考えています。
印象に残っている仕事・エピソード
入社前、私は「クライアントとのコミュニケーション改善を成果につなげていくCRMの領域」と、「テクノロジーを活用して会社組織を改善する領域」の二つの軸に興味がありました。いきなり両軸を手掛けるのは難しいと思いながらも意向を伝えてみると、なんと入社後どちらも任せていただけることに。その選択は私にとっては衝撃的でした。特に、CRMについては担当チャネルのKPI達成の責務を担う立場でのアサインでした。中途入社したばかりの人間に任せるには質・量ともに会社としてチャレンジングな内容だったと思います。個人の意志を尊重し、信じて任せる文化を入社早々に体感する出来事でした。
今後実現したいこと
CRM領域でクライアントに向き合い、組織改善で従業員に向き合う。どちらの仕事もよく似ていました。ヒトの心がどう動けば、目指す方向に導くことができるのか。対象がクライアントか従業員かという違いだけで、向き合うのは結局、ヒトの心です。私の興味の中心もそこにある、と気付いてからは、一緒に働く人たちのために、よりよい環境をつくりたい、と気持ちが傾いていきました。
RCOはやりたいことがはっきりしている人が多い会社です。でも、その実現のためにすべきことがわからない人もいます。今一番やりたいのは、これまでの経験を活かして人を成長に導いていく仕組みをつくることです。マネジャーとしての役割も担っています。まずは一緒に働くメンバーのWillの実現をサポートしたいですね。
この会社の魅力/この仕事でよかったと思う瞬間
人材に、まなび、住宅、ブライダル、旅行、飲食、デジタルマーケティング。RCOは、リクルートグループのあらゆる領域を横断する会社です。だからこそ、やりたいことを実現できる機会が多い場所だと思っています。
リクルート各領域のサービス改善に取り組む人もいれば、コンサルタントのように各領域のクライアントへの価値提供、業務改善に取り組む人もいる。いい意味で何でも屋のような会社です。だからこそ、その中でやりたいことを見つけてもいいですし、自分で新しいことを立ち上げて挑戦することもできる。私のように、1度に二つのことに挑戦したって構わない。さらにそれをサポートする環境も風土もあるわけですから、自分の中にやりたいことがある人にとっては本当にいい環境だと思います。



※インタビューは2018年6月時点の情報、所属・役職は2019年4月時点の情報に基づく
菅野 翔太
マネジャー
2015 年中途入社
プロダクトイノベーション推進1部 商品企画グループ
私の1日
8:00
オフィス近くのカフェにて。読書や通っている大学院の学習など、朝は自分の時間を過ごすことが多いです。
11:00
部会の一コマ。いつも和気あいあいとした楽しい雰囲気。ビブリオトークや社員交流イベントなど横のつながりも活発。
15:00
仕事の合間、オフィスにはソファスペースがあるので、一休み。お気に入りの場所です。
20:00
帰宅。娘と遊ぶのが習慣です。日々成長して変わっていく娘の姿がとても楽しみ。
番外編
休み日は趣味のサッカーやフットサルで汗を流して、リフレッシュ。