メンバー

MEMBER

中小企業の業務支援を通じて、
日本全体の生産性を向上させたい。

SHOGO KANEDA
金田 將吾
シニアプロダクトマネジャー/プロデューサー
2004 年新卒入社
ICTソリューション局 戦略企画グループ 兼 アドバンスドプロダクト開発部
リクルートコミュニケーションズへの入社理由
就職活動を通じてやりたいと思ったのが、人間の持つクリエイティビティを最大限発揮させる世界を実現することでした。それを実現する上で重要だと考えた『システム/テクノロジー』『クリエイティブ』『新しいことができそうな会社』という3点を同時に満たせる企業があまりなかったこともあり、リクルートコミュニケーションズ(以下、RCO)に入社を決意しました。実際にAIなどを通じて業務の自動化などが簡単に実現できる時代となり、人間をいかにクリエイティブな仕事に集中させるかというテーマに携わることができているので、「入社して正解だった!」と考えています。
現在の業務内容
デジタルマーケティング領域で新しいプロダクトを生み出し、プロダクトの成長責任を持つ、プロダクトマネジャーをしています。AI(人工知能)や機械学習といったテクノロジーとビッグデータについての知識を用いて、中長期の視点で戦略を立案。競争優位性のある新たなプロダクトの開発・拡張を行っています。リクルートの様々なメディア・事業会社への貢献を目指して、日々仕事に取り組んでいます。
印象に残っている仕事・エピソード
デジタルマーケティングプロダクト「Lierco(リエルコ)」の開発です。「Lierco」はリクルートグループが持つ顧客基盤の中で最も顧客規模群が大きい中小企業に対して、進化し複雑化するデジタルマーケティング機能を手間なく少額で提供することを可能にするプロダクトです。アカウント開設、リスティングのキーワード設計、入稿作業などの工程を完全自動化し、クライアントの運用リテラシーやコスト(予算)、運用負荷などのデジタルマーケティングにおけるハードルを大きく下げるソリューションとなっています。この仕事でRCOとリクルートグループ全体の二つの表彰を受賞。今の部署でやっている様々なプロジェクトもそこから派生し、同様に表彰されているので、印象深い仕事です。
今後実現したいこと
最近、よく議論されているのが、日本の労働生産性についてです。少子高齢化を考えると、生産性を高めていくことは必然。リクルートグループの強みは、日本でトップクラスの営業社員数を抱えていることです。それだけ、中小企業との接点が多いと言えます。そういった点もあり、今の目標は自分で生み出したプロダクトにより、中小企業のマーケティングをはじめとした様々な業務支援を通じて、日本全体の生産性を上げること。大企業と同じことを中小企業が簡単に実現できるだけでも、面白い世の中になるのではないかなと思います。新しいプロダクトの実現に向けて周囲の人々と議論しながら、よいものを目指してつくっていく。アドレナリンが全開になるそんな挑戦を、これからも続けていきたいですね。
この会社の魅力/この仕事でよかったと思う瞬間
会社としての魅力の一つは、変化を恐れないこと。組織や人は、自分たちが培った経験や知識を捨てて、新たに挑戦することに恐怖を覚えてしまいます。でも、リクルートの人たちは、変化を恐れず、前向きに挑戦していく。そういう価値観の人が多いから、一緒に働いていて楽しいですね。また、RCOはリクルートグループのメディアを横断して携われるので、様々な領域のビジネスモデルを経験できる。仕事をしていて飽きません。自分の生み出したプロダクトが、リクルートの色々なメディアを通じてクライアントのもとに届き、便利に使ってもらえているという実感を得ることができます。最近の開発例ですと、クライアントのマーケティング活動を支援する「Corona(コロナ)」があります。飲食店などのクライアントに対し、リクルートグループが運営するメディアの掲載情報を活用してスマートフォン、SNS連携、多言語化などに対応したWEBサイトを自動で生成・更新でき、WEB集客も可能なソリューションとして提供。クライアントのオウンドメディア運用リソースやコストの負荷課題解決を実現しました。「サービスを導入したら、外国人の方がHPをみてメニューを頼んでくれた」という喜びの声を聞けたときは嬉しかったですね。その他にもカスタマーデータプラットフォームを活用した新たなソリューションにより、人事の採用業務における労働生産性の解決に向けた商品を提供するなどデジタルマーケティングを超えたプロダクト開発にテーマも広がっており、活躍の場は多岐に亘ります。


※インタビューは2018年6月時点の情報、所属・役職は2019年7月時点の情報に基づく
金田 將吾
シニアプロダクトマネジャー/プロデューサー
2004 年新卒入社
ICTソリューション局 戦略企画グループ 兼 アドバンスドプロダクト開発部
私の1日
9:30
まずは資料作成の時間。中長期計画からプロダクト概要資料まで幅広く。
14:00
打合せ。ブレインストーミングのコツはホワイトボードの活用。
18:00
部署内のエンジニアによる量子コンピュータについての勉強会が!
20:00
部署内の『ボルダリング部』で壁登り。登った後の一杯も毎週の楽しみ!